丹念に仕上げた平釜塩

江戸時代、駿府、久能浜の塩づくりの技術に端を発し、戦後の専売制下、
料理人や家庭の主婦たちの要望により、全国で初めて「平釜塩」の製造を再開しました。
常に最高の品質と適正な価格で良い塩を。今日も変わらぬ理念で「あらしお」を皆さまにお届けしています。

商  号

あらしお株式会社

住  所

静岡県静岡市駿河区広野2308番地-1

事業内容

平釜塩「あらしお」(登録商標)の製造

企業活動

食用塩公正取引協議会 会員
駿河湾深層水利用者協議会 会員
静岡商工会議所 会員
和食文化国民会議 賛助会員

江戸時代
(元和年間)

初代 川島伊佐衛門
駿河有度浜にて塩造りに携わる

大正4年あらしおを天皇陛下に献納

明治39年

塩専売制と同時に塩問屋創業

大正2年

平釜塩「あらしお」の製造開始

大正4年

大正天皇に「あらしお」を献納

昭和16年

戦時統制により、製塩業中断

昭和38年

料理人らの要請により、
専売公社から委託を受け、製塩業再開

平成11年

新工場竣工

平成15年

静岡県の取水事業に伴い、
駿河湾深層水による製塩の研究・開発。

平成21年

物流倉庫竣工

平成26年

「あらしお やきしお」発売