ガーリックチキン

鶏肉は厚みのある部分を
観音開きにしてカタチを整え、
塩・胡椒をしてよくもみこみ、一晩おく。

じっくり時間をかけて
皮から焼いていく。

フライパンにオリーブオイルを入れ、
皮目から入れて強火でカリカリに焼く。
肉のまわりが白っぽくなってきて8分目くらい焼けたら裏返す。

このくらい焼けたのを目安に
裏返しに。

裏返したら、酒をふりかけ
蓋をして中火で中まで火を通す。
焼き上がったら、
食べやすい大きさにそぎ切りする。

酒をふりかけ、
蒸し焼きにする。火は中火。

カリカリの皮も一緒に、
そぎ切りにしよう。

にんにくはみじん切りにする。
小鍋にオリーブオイルとにんにくとあらしおを入れ、
弱火でにんにくがきつね色になるまで炒める。

ガーリックオイルも
あらしおで味付けを。

にんにくを炒めている間に、皿に大葉をひき、
3の鶏肉をのせ、湯むきトマトのスライスを盛り付ける。

にんにくがきつね色になったら、用意しておいた5に
熱々のうちにガーリックオイルをかけて出来上がり。

ジュッときこえるくらいの
熱々が美味しい。

塩・胡椒して一晩おくと、
味がくっきりと出て、
さらに旨みがまします。

鶏のむね肉は、厚みがあり、その部分は火も通りにくい。予め包丁で切り目を入れて観音開きにしておけば、厚みも均一になり、焼きやすくなります。

にんにくは、鍋もオイルも冷たいうちから炒めるのがポイント。そうすることでじっくりと火が通り、焦げ付きません。

鶏肉は皮目から焼いて、カリカリに仕上げますが、焦げを恐がらすに強火で焼いていきましょう。80%焼けたら裏返して蒸し焼きに。そぎ切りにしたときに、じわっと肉から脂が出るくらいの焼き加減が一番美味しいですよ。肉を焼き過ぎないように、気を付けましょう! また、手についたにんにくの臭いは、レモンの皮で手をこするととれますよ。お試しください。

熱いオイルをかけた時の「ジュッ」という音と共に、ガーリックの良い匂いが広まり、食欲を刺激されました!チキンにかかったサクサクっとした食感のガーリックがこれまたステキでした。にんにくはよく火を入れて調理すれば、ニオイが残らないので、安心して食べられますね。