3枚におろしたサバの身の両面に
たっぷりと塩をまぶし、身を締めます。
パットにあらしおを敷き、その上にサバをのせ、
更にその上からザバが見えなくなるくらいに
あらしおをかぶせます。 (※べた塩/下記参照)

あらしおをたっぷり使って
身を隠して!

べた塩をして一晩(5~6時間)おきます。
べた塩をする時間はもう少し短くてもOK。お好みでどうぞ。

サバを取り出し、
水洗いをして塩をおとします。

よく洗って、
塩を落としましょう。

深さのあるパットにサバを入れ、
サバの身が全部漬かるくらいの酢を入れ、
30分くらい付けます。漬けている間に、
大根を千切りにしてツマを作り、
食用菊は沸騰した湯に酢を少し入れ、
3分ほど茹でましょう。

水気をふき取ってから、
酢に漬けます。

酢もたっぷり。
身を全部漬けましょう。

漬けあがったら酢から取り出し、骨ぬきで骨をぬきます。

骨抜きは丁寧に。
尾の方へひっぱって。

皮をはぎます。身のアタマ側からはぎだしましょう。

好みの厚さに切って、いただきます。
しめさばは、皮目の真ん中に少し切れ目をいれる
「切りかけ」という切り方がオススメです。

お好みの厚さに切って、
できあがり。

今回は5~6時間としましたが、
お好みで調整してください。

べた塩とは…

安倍川餅のきな粉のように、たっぷりの塩をまぶすことをべた塩といいます。タンパク質を固める塩の性質を利用して、旨みをとじこめ、臭みもとり除きます。

これもお塩の力ですね!

べた塩後のサバは身が締まっているのがよく分かります。さらに皮の色を見てみると、鮮やかな青がキレイに、ハラの部分もより白くかわっているのが分かります。

お正月のおせち料理にもぴったりなしめさば。手作りにすると、酢の加減なども好みにできて、とても美味しく仕上がります。新鮮なサバをべた塩にして酢につけるだけ・・というカンタンなレシピなので、サバの美味しい時期には是非チャレンジしてみてください。べた塩の時間は長すぎるとサバがしょっぱくなりますので、5~6時間を限度に調整してください。

手作りは難しそう・・・と思っていましたが、とてもカンタンなレシピで驚きました。酢加減を調整できるので、すっぱすぎなくて、美味しいサバの味が生きたしめさばが完成!あなたもおせちに一品、いかがですか?